血液クレンジングっていったいどんなもの?

血液クレンジングとは

血液クレンジングという言葉をご存知でしょうか?血液クレンジングとはまず自分自身の血液を採取します。そしてその血液に医療用オゾンガスを注入。専用ガラス容器で血液にオゾンガスを溶解させ、オゾン化した血液を再び体内に戻すというものです。病気に対する治療法の1つでもありますが、健康を望む方や、毎日をより元気に過ごしたいという方でも行うことができるんです。血液をクレンジングするという発想が、ちょっとびっくりしてしまいますよね。

クレンジングによる血液の変化は

血液には重要な役目があります。まず第一に運搬。酸素、二酸化炭素の他にも栄養素、ホルモン、免疫物質を運びます。また老廃物を対外に排出する役目も担っているんです。更に体内で作られた熱を体全体に広め、体温を調節する役目もあります。このため、どろどろの血液ですと運搬作用が遅くなり、体に冷えが生じてしまうんです。しかし血液クレンジングをすることで、血液内の赤血球が正常形に復帰し、さらさらの状態になるとのこと。おそるべし血液クレンジングパワーですね。

血液クレンジングの効果とは

血液クレンジングの効果は驚くほどたくさんあります。まず体の隅々まで酸素が行き渡り血行が良くなる。そして抗酸化力、免疫力が高まります。冷え性や肩こりといった日常の悩みから、がんやパーキンソン病といった大きな病気に対しても効果があると言われているんです。自覚症状としては、体がぽかぽかと温まる感覚や、頭がすっきりしたり視界がクリアになったりするそうです。あまり聞きなれない療法ですが、体に悩みを抱えている方は、一度トライしてみるのもいいかもしれないですね。

血液クレンジングとは100ccから200ccの血液を抜いてオゾンガスをまぜオゾン化させた血液を体内に戻すことを言います。免疫力を上げる効果に優れ、細胞を活性化させるなどの効果があります。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.