心臓病の原因!高血圧を改善する食事のとり方

高血圧は塩分やカロリーの過剰から生じる!

心臓病と診断された人や、その予備軍が常々気にしなければならないのが血圧ですよね。塩分のとり過ぎやカロリーオーバー(肥満)、カリウムやカルシウムの不足などの食習慣から生み出される高血圧は、動脈硬化や心肥大などにつながるんですよ。高血圧の食事改善で一番重要視されているのが、塩分コントロールですよね。塩の摂取を1g減らすと、血圧が1mmHg下がると言われますね。健康な人の塩分摂取量は1日10g以下、高血圧の人は1日に6g未満にすべきとされていますね。

さまざまな工夫で徐々に慣れよう!

塩5gは小さじすりきり1杯が目安ですが、ダイエットと同じで、急に減塩生活に入るのは困難ですよね。高血圧の人には濃い味を好んでいた人が多く、減塩メニューは味のない食事と感じるからなんですね。さまざまな工夫で、徐々に慣れていくのがよいでしょう。例えば、しょう油やソース、タレなどは、かけるのではなく、つけて食べると塩分を減量できますよ。また風味を増したいなら、ゴマ油やオリーブオイルを少したらして食べましょう。ゴマやクルミをすってまぶしても香ばしさが加わりますよ。

和食でも油断は禁物!

食材を買うときには、加工品に注意しましょう。例えば、アジの干物1枚は塩分量1g、キュウリのぬかみそ漬けは3枚で1・1gにもなるんですよ。和食は、カロリーや栄養バランス的に優れていますが、塩分が多くなる傾向があるんですよね。みそ汁はおわん1杯で1・5gの塩分量があるので、2日から3日に1回程度にするのが賢明ですね。汁の量を減らして、具を多くするなどしましょう。塩分を排出する性質を持つカリウムやカルシウム、食物繊維を含む食べ物やメニユーを積極的に増やすのもよい案ですね。

正常な大動脈瘤内腔の部位が病的に徐々に拡張していく病気は、初期症状がほとんど現われないのが特徴です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.